私のペットが心配!フィラリアを防ぐために予防薬を知る

フィラリアの原因と症状

犬を飼っている方でしたら、愛犬の病気はとても気になること。本日は、犬がかかってしまう代表的な病気のひとつフィラリアについてお話いたします。

寄生虫の一種であるフィラリア(別名:犬糸状虫)によって引き起こされる病気をフィラリア症といいます。この虫は食べ物のそうめんに似た姿をしており、長いもので30センチにもおよび、心臓や肺動脈に寄生します。この虫が体内に寄生することが原因で病気が発生します。寄生している数が多くなると症状がひどくなるとされているため、寄生数の少ない初期の場合はほとんどなにもおこりません。その為、見過ごしてしまうことが多くなっています。
この病気は、感染した犬の血を吸った蚊が他の犬の血を吸うことが原因で感染します。小さなこの虫の幼虫が犬の体内に入ってしまいます。感染を防ぐには、やはり原因である蚊が大量に発生しないようにするなどがあげられます。
ではいったいこの病気の症状はどのようなものなのでしょうか。初期はほとんど症状が見られず、数年経ってから現れるといわれています。また、その頃にはすでに重症になっていることも多々あるそうです。具体的には、「急に元気がなくなり散歩を嫌がる」「呼吸が苦しそう」「咳をするようになる」「運動時に失神してしまう」などがあります。
このような状態になると、すでに心臓、肺、血管などにダメージがあり臓器にも影響がでていることが予想されます。その後、急に痩せてしまいお腹に水が溜まったりします。そして最終的には死んでしまうとても恐ろしい病気なんです。
ただ、きちんと予防をすれば必ず防げる病気でもあります。予防はとても簡単です。毎月一回予防薬を飲ませるだけです。ただし、既に感染してしまっている犬に予防薬を投与すると副作用がでて、場合によって死亡してしまうこともあるので注意が必要です。
愛犬を守るためにも病気になる前に必ず予防をしましょう。もしなってしまったら予防を怠った飼い主さんの責任です。