私のペットが心配!フィラリアを防ぐために予防薬を知る

犬猫の皮膚の病気

動物病院で一番多く来院してくるのが犬猫の「皮膚病」です。
生活環境で皮膚病になる原因や症状は様々で。
症状があるのにも関わらず放置してしまいますと皮膚がただれてしまい、出血してしまってたり、やアレルギー体質になり治療して行かなくてはなりません。
皮膚病の種類と原因、予防について今からお話ししたいと思います。
まず、ノミのノミの寄生により、皮膚が痒くなり皮膚炎を引き起こすのが「ノミ寄生」です。
こちらは普段生活しています、ジュータンやお布団から感染して行きます。ノミ寄生は予防薬で感染を予防できます。
次に、散歩中に感染します、ハウスダストや牧草で感染して、目や口の周り、足先、耳、お尻、お腹等に症状が現れ、皮膚に痒みや発疹を引き起こすのが「アレルギー性皮膚炎」です。その他に、食べ物による食物因子などが原因で発症します。
アレルギー性皮膚炎は完治が難しく、治療方法は様々ですが一般的に飲み薬で症状緩和して行きます。
皮膚に細菌が感染し、炎症を起こすこ事で、かゆみを発症い致しますのが「細菌性皮膚炎」と言います。
犬猫にもともと皮膚に存在している細菌でございますが、ホルモンのバランスが崩れる事で免疫が低下し、機能が破綻すると一気に菌が増殖してしまい痒みを引き起こしてしまいます。
こちらも、完治する事は極めて引きく、飲み薬と塗り薬で症状緩和してくれます。
一番怖いのは、「真菌性皮膚炎」です。。
こちらに感染してしまいますと、皮膚にカビ出来てしまい、痒みがひどく睡眠障害を引き起こします。
一度カビが発症してしまいますと、治療は根気よく治療していか無くてはなりません。

皮膚の多くは食事や化学物、感染(寄生虫、殺菌)、生活環境の変化でストレスやホルモンバランスが崩れてしまう事で、免疫が低下
が原因となります。

犬猫の行動で舐めたり、痒がっていましたらすぐに動物病院へ行き、医師に相談してください。
早期発見で愛犬から皮膚病の悩みを解決してあげる事が愛です。